duo3.0を捨てた話

ベストセラー?
ただの過大評価だろ

3週目、ついにブチ切れて初めて(過去にもあったかも)本を破り捨てた。
これがおすすめされている理由がマジでわからん。

学習者の心を折る本がなぜ良い本なのかさっぱりわからん。

無理に例文を作って短文の難易度がバク上がりしすぎてまるで頭に入ってこない。
熟語を使いすぎて単語を覚えても意味が理解できないストレス。
まるで数学の応用問題で「そんな使い方できるなんて知らないんだけど」というあのイライラ。

それを何度も何度も味わってたらストレスで嫌になるだけだっつーの。
これを勧めている人は多分おかしい。普通の人じゃないと思う。
性格が研究者寄りなんだと思う。
世の中には尋常じゃないくらい根気がある人やストイックな人、頭の構造が違う人がいるけど、そういう人向けだと思う。

ボロボロになるまで使ったって言う人多いけど、その時点で普通の人間じゃないと思う。
人ってのは飽きがくる。でも、duo3.0で勉強できた人はそれがない人達としか思えない(英語にもともと精通した人を除く)

しかしまぁ、

破り捨てたときはスッキリしたわ。

次の英単語本探さなきゃなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA